日本百名山の中でも屈指の人気を誇る北アルプスの2座を目指す!
憧れの乗鞍岳と焼岳登山
旅行企画・実施 : サンケイツアーズ
image pic

乗鞍岳(イメージ)

シリーズ旅行代金
ふれあい登山 39,800円 (税込)
出発日期間
2018年7月 バス利用1泊2日
標高
乗鞍岳(3026m)
焼岳(2035m)
宿泊先
ルートイングランティア飛田高山または同等クラス(シングルルーム利用)
コース番号 レベル 距離 食事 添乗員 最少催行人数 その他
P3329 ★★★
★★★★★
1日目 4キロ(3H)
2日目 6キロ(6H)
朝1
昼2(弁当)
同行 20人 入浴付き
旅行代金
39,800円 (税込)  ※大人お1人様 ※小人同額 ※入浴代含む
出発日
平成30年 7月 21日(土)
集合場所
出発地出発時間
(10) JR新宿駅 7:00発
行程
[1] 新宿(7:00)=<乗鞍スカイラインまたはエコーライン>=畳平(2704m、登山スタート)・・・肩の小屋・・・乗鞍岳・剣ヶ峰山頂(3026m)・・・畳平=高山(泊)

[2] 高山=新中ノ湯登山口(登山スタート)・・・焼岳(北峰山頂2,393m・折り返し)・・・新中ノ湯登山口=沢渡温泉(入浴)=新宿(19:30~20:30頃予定)
コース解説

 乗鞍岳

日本百名山のひとつ、乗鞍岳は日本の3000mを超える峰の中で最も手軽に登れる山で、夏のシーズンには行列ができるほど人気の山です。 また、山麓から仰ぐ大きく緩やかな山容を馬の背に見立てたというこの山は、古くは厚い信仰の山でもありました。複合火山のため、山上景観のおもしろさや、槍・穂高連峰などの大パノラマも楽しみです。 今回は、畳平から肩の小屋を経て山頂を目指し、折り返す約4キロ・約3時間の往復コースです(標高差322m)。)

 焼岳

日本百名山のひとつ、上高地の名峰・焼岳(やけだけ)は、飛騨山脈の中で最も活動の激しい活火山です。北峰・南峰と2峰があり、今回は新中ノ湯登山口から出発して、標高2,393mの北峰山頂を目指します。 (現在、南峰へは立ち入り禁止となっております。) 南峰を横目に見ながらブナ林の登山道を進むと上高地を眼下にすばらしい景観が楽しめます。復路は同じ登山道を折り返す約6キロ・約6時間の往復コースです(標高差810m)

PDFを閲覧するためには、Adobe Readerをダウンロードしてください。

reader

image pic

乗鞍岳・畳平

image pic

焼岳