世界遺産と大自然と海を楽しむオルレを歩こう
産経ふれあいウォークスペシャル 紅葉の世界遺産 済州島オルレウォーク
旅行企画・実施 : サンケイトラベル 受託販売 : サンケイツアーズ
image pic

翰林オルレコース:飛揚島(イメージ)

シリーズ参加料金 (税込)
世界遺産ウォーク 76,800円 ~ 88,800円 (税込)
出発日期間
2017年11月7日 飛行機利用2泊3日
利用航空会社
ティーウェイ(TW)航空利用(LCC・エコノミークラス利用)
宿泊先
ハワードジョンソンホテル(2017年4月15日新オープン!)
コース番号 距離 食事 添乗員 最少催行人数 その他
5km+8.5km+2km 朝2、昼2、夕2 同行 10名
世界遺産と大自然と海を楽しむオルレを歩こう

韓国最南端にあり、もっとも大きい島済州島は天恵の自然景観が秀麗な世界的リゾートとして知られています。城山日出峰など世界 自然遺産が点在するこの島はオルレと呼ばれる自然豊かな小道が島中にあり、感動と悦びを感じられるウォークコースとして知られています。 今回は現地ガイド同行で、オルレの中でも特に人気の3コース厳選し、3日間に分けて歩きます。魅力いっぱいの済州島をみんなで歩きませんか!

旅行代金
部屋タイプ料金
2名1室 76,800円
1名1室 88,800円

※税込み ※大人お1人様 ※小人同額 ※各国空港税及び燃油サーチャージは別途必要です。
開催日
平成29年11月度 7日(火)
集合場所
出発地集合時間
成田空港 9:00予定
コース
[1] 成田空港(11:10)-ティーウェイ航空-済州空港(13:30)=(専用車)=【世界自然遺産の漢拏山を眺め、名勝龍頭岩まで歩く「光令山地川オルレコース」約5キロ、約2時間30分】道頭峰~龍淵吊橋入り口=(免税店立ち寄り後、夕食)=ホテル(泊)

朝:× 昼:× 夕:黒豚サンキョッサル

[2] ホテル=(専用車)=【済州の森を歩く「世界自然遺産・ゴムンオルムコース」約4.5キロ、約3時間】=(昼食)=城邑民族村(見学)=【世界自然遺産・城山日出峰を眺め歩く「始興オルレコース」約4キロ、約1時間30分】吾召浦~スマポ=(民芸店立ち寄り後、夕食)=ホテル(泊)

朝:○ 昼:焼き魚定食+バナナ1個 夕:海鮮鍋

[3] ホテル=(専用車)=【青のオルレと済州の月と呼ばれる美しい飛揚島「翰林オルレコース」約2キロ、約1時間30分】日成コンド~金陵ウトゥムウォン海辺入り口=(昼食後、食料品店に立ち寄り)=済州空港(16:00)-ティーウェイ航空-成田空港(17:55)

朝:わかめスープ 昼:石焼ビビンバ 夕:×

コース解説

世界自然遺産に登録された名所を加えた厳選オルレ3コースを歩く!


1世界自然遺産の漢拏山を眺め、名勝龍頭岩を目指す 「光令山地川オルレコース」

済州島の頭といわれる風光明媚な道頭峯から、世界自然遺産の漢拏山を眺めながら海岸道路を歩き、龍頭岩までの比較的平坦な約6キロ、約1時間30 分コース。

2世界自然遺産のゴムンオルム&城山日出峰の眺望と大自然の絶景 「ゴムンオルム&始興オルレコース」

火山活動でつくられ、島全体が「火山博物館」といえるほど独特な火山地形を誇る済州島。「ゴムンオルム」は済州島に分布する368 個の寄生火山(オルム)の一つで、鬱蒼と茂る森に覆われていて黒く見えることから名づけられました。 2007 年に世界自然遺産に登録された「済州の森」を、約4.5 キロ、約3 時間歩きます。午後は、同じく世界自然遺産に登録された「城山日出峰」を眺めながら、現在21 コースある済州島オルレの第1コース始興オルレを約4 キロ、約1 時間30 分歩きます。

3青のオルレと美しい飛揚島 「翰林オルレコース」

済州島の北側に位置する美しい島「飛揚島」を常に見ながら海辺の道、砂場の道、村の道など変化に富んだ約5キロ、約2時間コース。
部屋タイプ

PDFを閲覧するためには、Adobe Readerをダウンロードしてください。

reader

Image photo

世界自然遺産・城山日出峰

Image photo

済州島のシンボル・トルハルバン

Image photo

ハワードジョンソンホテル

Image photo

黒豚サムギョウサル